Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

今度の選挙の,かつてないわかりやすさ

郵政民営化法案が参議院で否決され,衆議院解散した.衆議院選挙の投票日は9月11日だ.今回の選挙の争点はかつて無いほどわかりやすいものになっていると思う.といっても,僕がいままで関心をほとんど示して無かっただけのことなんだけどね.
¬ò“àŠt‘—‘åb‹LŽÒ‰ïŒ©[O‹c‰@‰ðŽU‚ðŽó‚¯‚Ä]より

だれでも民間にできることは民間にと主張していながら、なぜこの郵政三事業だけは公務員でなければだめだと、大事な仕事だから公務員でなければだめだというんでしょうか。私は改革を推進しようという民主党は、民営化の対案ぐらいは出してくれるのかと思っていました。残念ながら民主党までが民営化反対、民営化の対案も出してくれない。そして自民党郵政民営化反対、抵抗勢力と一緒になってこの法案を廃案にした。本当にこのままで行政改革できるのか、財政改革できるのか、理解に苦しんでおります。

そういうことから、今回、私は本当に国民に聞いてみたいと思います。本当に郵政民営化は必要ないのかと。公務員の方が民間人よりも公共的な大事な仕事をするのかと。私はそうじゃないと思います。民間人でもどんどん公共的な仕事をできるものならやってもらいたいと思っております。

追記2005/8/11

よく考えてみれば,わかりやすいなんてことはないね…ちょっとわかった気がしただけだ.