Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

autoimpがインストールできない…と悩んだが1日寝かせて解決!

2006-07-20で知ったpythonスクリプトインタラクティブシェルでimport文を書かなくても(from文はやっぱり必要か?)最初に使うときに自動的にimportしてくれるらしい.
しかしどうしても思ったように動いてくれない.なにが間違っているのだろう.

  1. autoimp.pyを落としてC:\Python24\Lib\site-packagesにautoimpディレクトリをつくりautoimp.pyを作る.
  2. 同じディレクトリに__init__.pyという空のファイルをつくる.
  3. C:\Python24\Lib\site-packagesにpythonstartup.pyというファイルを作って「from autoimp import *」と書いて保存.
  4. 環境変数PYTHONSTARTUPにC:\Python24\Lib\site-packagesにpythonstartup.py;と書いてOK

これでidleを開いてfrom autoimp import *とやるも思ったように動かなかった.
今日気づいたのはautoimp.pyはautoimpパッケージの中にあるのだからfrom autoimp.autoimp import *と書かないといけないという事だった.インタラクティブシェルの最初でこれをやれば成功.
でも2番目と3番目の環境変数PYTHONSTARTUPにスクリプトを登録する意味はなに?
めんどくさいのでsite-packagesディレクトリの直下にスクリプトを置こう.