Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville『アンビエント・ファインダビリティ 』

やっぱり落ちるので、ちまちまとコピーしながらzshでも覚えるかと。

knoppix+sftpでデータサルベージ - Engineer as a Lifestyle @tenkomaの作戦はやっぱり数百MBを一気に転送すると落ちる。ので、ちまちまと転送することにして、その間にweb散策することに。…とは言ってもバックアップは終わってしまって、Windowsの再インストール中だったりしますが。

まずはデフォルトのシェルに設定する

Terminal.Appのターミナル→環境設定で/bin/zshを設定する。Terminalを再起動するともうプロンプトが変わっている。

~/.zshrcを作る

autoload -U compinit
compinit

でsource ~/.zshrcするとシェル再起動なしに設定が変わる。これいいね。
で、上のスクリプトは強力な補完機能を使うときのものらしい。

補完、ひっこむ。

いままでbashしか使ったことがなかったので、補完候補が、現在のプロンプト行の下にでてきて、実行したとき消えてくれる機能があるのがすごくありがたいとオモタ。
例えば、bashだと「a <tab><tab>」で補完候補がでるけど、プロンプト行は補完候補として出力されたリストの下に移ってしまって、ただの補完リストなのに消えない。むだ。
zshだと、補完リストは出番が終わると消える。超心得てる(笑)