Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville『アンビエント・ファインダビリティ 』

subversionのPythonバインディングの情報

Googleに聞くと、ViewVCかtracの情報が出すぎる。
特定のバージョン(r100:105とr110:115という風に飛んだりする)で更新/追加/削除したファイルの名前一覧がほしいけど、デフォルトのsvnサブコマンドだけでは取得できないのかなー、ちょっと探して見当たらない。
で、むりくりgrepと組み合わせて

$ svn diff -r 100:105 | grep ^Index
$ svn diff -r 110:115 | grep ^Index

とやったり。しかし1個目の結果と2個目の結果で重複する部分があって嫌だ。
TortoiseSVNだと簡単にできる。Authorでフィルタリングもできる。

http://swik.net/Subversion+python経由でこんなものを見つけた。Nautilus(gnomeのファイラー)でsvnを利用するためのツールっぽい。pythonで書かれている。これは使えるかも…。
ソースコードをちょっと見ると、pysvnというモジュールを読み込んでいる。またGoogleに聞くと

を見つけた。Work BenchってのがGUIクライアントらしい。使い勝手がちょっと微妙なRapidSVN(ときどき作業コピーにアクセスできなくなる)よりいいかも?