Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

jQueryで要素内テキストをエヴァモード

jQueryプラグイン作成が簡単だというので作ってみた。
着想はXUL Apps > Tiny Applications > 高橋メソッドなプレゼンツール in XUL リターンズ - outsider reflexから得た。エヴァモードのフォントのリストも利用しました。(あと、操作しているノートパソコンにインストールしてあった太めの明朝体を2書体追加)
OK,僕が書くとjQuery利用はソースがカオスになりやすいことがわかった。

jquery.evamode.js

jQuery.fn.eva = function(){
    this.css('background-color','black');
    fonts = {
        'font-family':'リュウミンU-KL, リュウミンH-KL, マティス-EB,'+
                      'RFファイン-ME, DHP極太明朝体, DFP極太明朝体, "AR P明朝体U", AR明朝体U,'+
                      'HGP平成明朝体W9, HGS平成明朝体W9, HG平成明朝体W9, DHP平成明朝体W7,'+
                      'DF平成明朝体W7, serif',
        'font-weight':'400',
        'color': 'white'
    };
    return this.css(fonts).children()
        .filter('a, strong, em').css({
            'color': 'red'
        }).end().end();
};

使い方

jQuery('body').eva();
jQuery('p').eva();

みたいな感じで。
元のスタイルに戻すときは…リロードで…orz

何をしているか

  • 背景色を黒に
  • フォントを太めの明朝体系で、白に
  • ただしa, strong, emは赤に

修正履歴

  • 20071008
    • スタイル設定を一旦変数にいれる