Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

VX Revolutionのドライバ?をアップデートした。

ロジクール VX レボリューション VX-R

ロジクール VX レボリューション VX-R

購入してからもうすぐ1年。→Mac用にマウスを買う - Engineer as a Lifestyle @tenkoma
会社でWindows用に、自宅でiMac用に使っています。以下で不満な点を述べますけれども、手になじんだ、愛用のマウスです。

ストレスの種が1つ解決

iMacで使ったときに、使い始めの数十秒、ボタンだけ反応しない&ボタン押しっぱなし状態が勝手に解除されるという現象があってストレスになっていたんですが、ドライバ(Logicool Controle Center)の最新版を入れると、解決したみたいです。eneloopを使っていたので、電圧が低いせいかと思いましたが、違ったみたいです。

追記

押しっぱなし状態が勝手に解除される問題はeneloopだとやっぱり起こる。普通の乾電池に変えた。でも起こるなぁ…。

Spacesにも対応

最新ドライバ(2007年11月20日のもの)だとSpacesにも対応していた。ので、グローバル設定を変更して、

  • チルト左に、Exposéのすべてのウインドウ
  • チルト右に、Spaces
  • スクロールホイールボタンにDashboard

を割り当てて見ました。画面の角に移動したときにこれらの機能を割り当てていたんですが、こちらは解除しました。

Control Centerの不満

Control Centerにも使いにくい点があって、アプリケーションごとの設定とグローバル設定にわかれていて、アプリケーションごとの設定をしていないアプリケーションでは、グローバル設定が適用されるようになっているんですが、アプリケーションごとの設定のときに、「グローバル設定を継承する」という仕組みがないのが使いにくいと思っています。あと、マウス左前のZOOMスライダーは使わないですね。ボタンにして欲しかった。
最新ドライバ:http://www.logicool.co.jp/index.cfm/428/165&cl=jp,ja