読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Engineer as a Lifestyle @tenkoma

tenkoma's testing blog

MacPorts 版の synergys がうまく動いたのでメモ → SynergyKMが簡単だ

synergys とは synergy のサーバー。synergy とは一組のキーボードとマウスを複数のマシンで共有するツールです。
Synergyをいれてみた - SWDYHなどを見てみると以前はだめだったっぽいですが、今やってみるとうまくいきました。

インストール

$ sudo port install synergy

構成

  • iMac サーバーにする。モニタは左
  • Thinkpad クライアント。モニタは右

設定ファイル

/opt/local/etc/synergy/synergy.conf または ~/.synergy.conf のどちらか作ればよい。(synergys -fして流れてきたデバッグメッセージで知った)設定ファイルの移行の手間を考えて、~/.synergy.conf に書くことにする。(こちらが優先して読み込まれるし)

section: screens
    imac.local:
    thinkpad:
end
section: links
    imac.local:
        right = thinkpad
    thinkpad:
        left = imac.local
end

そしてサーバーを起動

$ synergys -f

クライアント側の説明は略しますが、hostnameを指定してつなぐことができませんでした。(pingでもできない、前やったときはできたんですが)ので「192.168.0.2」みたいなIPアドレスでやるとうまくいきました。サーバーの設定ファイルはhostnameのままでOKでした。

自動起動はどうしよう

今悩み中です。AppleScriptの方法が手軽なのかな。

SynergyKMキタコレ

AppleScriptだと、Dockに居座るのどうにかならんかーとおもって探したら、見つけた。
【マウスもキーボードも】Synergy【みんな共有】の>>404から>>436あたりで知ったが、使いやすいよー。サンクス。自動起動も勝手にやってくれる感じ。これだとMacPorts版使わないでOKということに。
作者の?Webサイトが落ちているようで、http://sourceforge.net/projects/synergykmからダウンロードした。
設定の仕方はPage headers already sentに詳しい

CmdSpace

Pollux Program Lab
Windows で、Alt+SpaceでIME切り替えを実現するソフト。あー、これは素晴らしいソフトですね。