Engineer as a Lifestyle @tenkoma

tenkoma's testing blog

「CakePHPによる実践Webアプリケーション開発」がすごくいいので写経する #1

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

CakePHPによる実践Webアプリケーション開発

まだ50ページくらいしか読んでないけど、これはいい。実践的だし、1.2のコンソールタスクを順に使って覚えていける。PHPの慣用句もいろいろ出てくる。で、いま50ページあたりで、table関連タグを全部ヘルパーに内包しているのをみてちょっとうげげって思ってるところ。
ところでこの本、なにか愛称でもついてないかな。銀Cake本とかシルバーケーキ本とか。ケーキには銀紙ってことで銀紙本とか。

p.28
サンプルで作るアプリケーションのER図が出てくる。よく見ると、リレーションでつないでいる線に動詞がついている。
「予定」●ーーに参加するーー「ユーザ」って感じだ。これがあると人に伝えるとき楽そうだ。
p.33
appディレクトリは、コンソールタスクでスケルトンをコピーする。これは間違いがなくていい。バージョン管理されたフォルダを普通にコピーよりも、一つのマシンで複数のCakeアプリを動かすときはこの一般化された方法がよさげ。svn cpなら履歴残せるけど。
p.36
schema.phpによるマイグレーション。これもCakeの標準の方法。いま覚えたい…
p.42
1.2のscaffoldは、ページャと列ソートまで付く。
p.45
$this->set()するときはcompact関数を常用
p.45
日付計算は頭の体操になる…どうやら、アプリケーションの内部での日時のやりとりはエポック秒で統一して、DBと通信するときなどに適宜フォーマットするっぽい
p.46
プリペアードステートメントだ。あんまりこの書き方したことない。
p.46
Model::find()にcriteriaを渡すときもcompactだ。これは使える!
p.47
$scheduleTable->$scope(...) switch/if文が減るなぁー。
p.47
e()とechoの使い分けがよくわからない。ヘルパーメソッドならecho?
p.48
ヘルパーでprivateを使うとアクセス制御できるよ!登場のさせ方がイイ…