Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

PythonでExcelファイルを生成:pyExcelerator

まぁ,サンプルコード(解凍先のexamplesフォルダ)を見れば,使い方はわかるので,やりたいこと→サンプルコードの対応表を作ってみよう.

  • ブックの作成,シートの作成,保存→ほとんど全部.最小限の処理→mini.py
  • 罫線の設定→blanks.py,format.py,merged0.py,merged1.py
  • セルの結合→blanks.py merged0.py,merged1.py
  • フォント→blanks.py,format.py,merged1.py
  • 大きなファイルを作って時間を計る→big-16Mb.py,big-35Mb.py*1
  • 列の幅→col_width.py
  • 行の高さ→merged1.py,row_styles.py,row_styles_empty.py
  • 表示形式(日付)→dates.py
  • 表示形式→num_formats.py
  • 背景色/パターン→merged1.py
  • 式→formulas.py
  • 関数リストの出力→formula_names.py(エラーになる.ADDRESS関数に引数が1つしか指定されていないので.エラー値がでるだけのものは無視される)
  • ハイパーリンク(関数による)→hyperlinks.py
  • 画像の貼り付け→image.py
  • 数の入力→numbers.py
  • アウトライン設定→outline.py
  • 分割/ウインドウ枠の固定→panes.py
  • ブックとシートのパスワードによる保護→protection.py
  • 謎→sst.py
  • unicode→unicode0.py,unicode1.py,unicode2.py
  • シートの属性など→wsprops.py

あれ,ファイルを読み込むことはできないの?と思ったら,toolsフォルダに,読み込んでcsvやtextやhtmlに変換するスクリプトがついていた.

*1:ちなみにうちのX31君では前者のシート生成に84秒,後者は158秒かかりました