Engineer as a Lifestyle @tenkoma

What We Find Changes Who We Become -- Peter Morville著『アンビエント・ファインダビリティ 』

クリーンインストールその3

んでは、バックアップ終わったので、DVDを入れて、インストールを始める。

いきなり再起動させられる

  • パスワード入力

データを大量コピーする前の設定

  • インストールに使用する言語の選択
  • ソフトウェア使用許諾契約への同意
  • インストールするボリュームの選択
    • オプションで「消去してからインストール」を選択
    • ディスクフォーマットは「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」。あれ、「大文字/小文字を区別」が選べるようになっている。

これでインストール

インストールDVDのチェック

  • 前回やったのでスキップ

インストール

6:45分頃開始…

再起動

7:25分

  • キーボード認識
  • 地域
  • キーボード入力環境「ことえり・ローマ字」
  • 情報を今すぐ転送しない
  • Apple IDの入力
  • ユーザ情報の登録
  • ローカルアカウントの作成
    • tenkomaで作成
  • ピクチャ選択
  • .Macはパス。フリートライアルもパス

これで、Leopard自体のインストールは終わり。

  • ソフトウェアアップデートがすぐ始まった。
  • 再起動。そしてソフトウェアアップデートその2。再起動。
  • マウス(VX Revolution)ドライバのインストール(キーボードのHHKBは標準ドライバでOKだと)

Terminal.appを開いたらhostnameがひどいことになっている。(姓)ローマ字-(名)ローマ字-no-imacだとー!
iPod Touchをはずすのを忘れていた。どうなる。
とりあえず、はずしてみたら中身が残っていた。いまのうちにiTunesライブラリを元に戻しておく。

Landiskへの接続

Leopardクリーンインストールする前は、文字化けしていたのにッ!文字化けが直っている…
いや、明示的にFinderのメニューからサーバへ接続すると正常に表示される…